連絡協議会

 

■第7回 びわこ臨床研修ネットワーク連絡協議会(議事録)

議事進行 幹事 青野 充

日時:平成20年2月9日(土) 14:00~15:00
場所:ホテルニュー近江 2F

 

【議題項目】

  1. 滋賀県医師会との連携について
  2. 研修説明会の開催企画について

【確認項目】

  • 会則の確認
  • 評議員の変更の確認
  • 当番幹事等の確認
  • 次回開催月日の確認

      他

 

議題1.滋賀県医師会との連携について

本会は滋賀県医師会と連携し運営していくことを確認した。
具体策として、滋賀県医師会主催であるWATCH in SHIGA 等にも連携し、卒後臨床研修指定病院もWATCH in SHIGAに協力的に働きかけ強固な関係を構築していく。
WATACH in SHIGAも実際参加された研修医の生の意見としては、大変有意義であったとの意見もある中、更に改善して欲しいとの意見も多く、今後は相互に意見交換をしながら補完できる体制を整備したい。

【課題】
*既に本会は過去7回開催され軌道に乗ってきている。
開催時間の制約もあるだろうが感染症・救急・総合診療等のテーマを本会とWATCH in SHIGAでテーマを分担し開催したらどうであろうか?
また本会の運営の経験や本会の評議委員メンバーは卒後臨床研修体制における現場を知っているメリットを活かし、医師会等へ要望や提言を出していってはどうか?
*研修医に対しては、多数の研修機会が準備されているが3~5年目位の先生方や指導医に対しスキルアップする研修システムを作る必要性があると考える。
*4月に各病院で実施するオリエンテーションのフォローを6月に医師会で実施したらどうか?
このような意見を取り纏め、本会より県医師会へお願いしていくことが確認された。

病院協会との連携について

県医師会と同様に病院協会との連携も重要であり本会との強力な関係構築を図る方向性を確認。今後、事務局より病院協会へ協力依頼の文書を送り、その後に病院協会理事を兼務されている公立高島病院 青野先生より病院協会へ正式に依頼戴くことが決定した。

 

議題2.研修説明会の開催企画について

近畿地区の中では、滋賀県の各臨床研修指定病院のアピールがまだまだ必要であり、 滋賀県下の研修指定病院に多くの研修医を誘致する必要性は高い。
本会のプログラムを近畿一円の医学生にも積極参加を呼びかけていくように案内することが確認された。

【確認項目】

  • 会則の確認
    変更なし
  • 評議員変更の確認
    本会事務局よりプログラム責任者の積極的な参加を依頼する正式な文書を各病院責任者へ送付する。これにより、各施設の連絡協議会への参加を二人体制にしていくことが確認された。
  • 当番幹事等の確認
    次回、第8回当番幹事は、第6回連絡協議会で決定した通り、アイウエオ順で当番幹事を回していくことが決定していることから、長浜赤十字病院と近江八幡医療センターとすることが確認された。
  • 次回開催月日の確認
    次回共催企業 アステラス製薬より特別講演(演者 済生会福岡病院の田中先生)の都合により平成20年7月12日(土)琵琶湖ホテルで開催することが確認された。

 

*本会の連絡協議会に参加いただく医師会の先生方にも、評議員として呼称することが確認された。

 

ー (完) ー