連絡協議会

 

■第11回びわこ臨床研修ネットワーク連絡協議会(議事録)

議事進行 幹事 青野 充
杉本 徹

日時 : 平成22年2月20日(土) 14:30~15:00
場所 : 大津プリンスホテル 2F 「瀬田」

 

【議題項目】

  1. 専門医研修について
  2. 地区臨床研修病院合同説明会のブース開設について
  3. 監査情報について

【確認項目】

  • 今回の学術講演会の進行
  • 次回当番幹事等の確認
  • 次回開催月日の確認
       他

     

議題1.専門医研修について

  • 滋賀県は県下における医師定着を目的として、次年度から専門医研修を充実したい意向。
  • 4月以降に病院協会が開催する専門医研修に関する委員会は各臨床研修指定病院のプログラム責任者は必ずご出席いただきたい。
  • 専門医研修には滋賀医科大学も参加していただきたい。

 

議題2.臨床研修病院合同説明会のブース開設について

  • 「民間医局」主催の合同説明会では全国の有名臨床研修指定病院が目立ち、滋賀県の病院が目立たない。会場では学生がきてくれないので積極的に声をかけて説明している。
  • 滋賀県として各地区の合同説明会にブースを開設する話があったが、各病院の負担金額が高すぎる。県が補助しないのか?
  • 滋賀県として費用もだしてブースを開設していただき、大きなスペースを確保してほしい。
  • 近畿(大阪)で開催される合同説明会では他府県から学生が参加されるケースが多く、ブースを開設すれば人材を確保しやすいのではないか。

 

議題3.監査を受けた病院からの情報提供

【指導内容】

  • 研修医の出欠を日数単位で把握できる表を作成し管理すること。
  • 新臨床研修制度が始まってからのすべてのレポート閲覧を要求された。
  • 研修医の提出レポートは認定医レベルの内容であること。
  • 受け持った患者の個別の背景など、教科書の一般的な記述ではない考察を加える。

【所感】

  • 救急診療をどの程度取り組んでいるのかを重点的に確認された。
  • 救急の研修レポートのチェックが厳しいのではないか。

【確認項目】

  • 今回の学術講演会の進行

臨床研修ネットワークOBの活動報告 (16:05~16:35)

「地域医療の現場から初期研修を振り返って」


高浜町国民健康保険和田診療所 所長
福井大学医学部地域プライマリケア講座 助教
井階 友貴 先生

 

特別講演 【症例カンファレンスを通じて】 (16:35~18:05)

『感染症診療におけるピットホール』

サクラ精機株式会社 学術顧問   青木 眞 先生

 

  • 当番幹事等の確認
    第12回当番幹事 :滋賀県立成人病センター、市立長浜病院
  • 次回開催月日の確認
    次回開催日 :平成22年8月7日(土)
    開催場所 :琵琶湖ホテル
    共催メーカー :田辺三菱製薬株式会

 

― (完) ―